*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
半年ぶりの、キタオカ
この記事はブロとものみ閲覧できます
プロフィール

Elsa2525

Author:Elsa2525
(↑写真は、私の手料理の一例
『青紫蘇のソルベ』)

趣味は、旅行・料理・食めぐり。
世界50カ国以上・渡航回数数百回。


私は決して赤本原理主義者ではありませんが、ヨーロッパ、日本、アジアのミシュラン星付き店は、ほぼ全て制覇済み。

日本国内、海外ともに、相当数の店を食べ歩いてはいるものの、
(ごく一部の例外を除き)当ブログ開始(2010年4月)以前の店はここには登場しません。
うろ覚えの記憶で適当なことを言いたくないので。
また私は、他人様にご馳走になった店(ほとんど無い)についての感想は一切差し控えますので、同様に登場しません。
あくまで自腹主義です。

また、本当に好きな店、大切にしたい店は、名前を伏せています。
私の最愛店のシェフの方々は皆、メディアに頻繁に登場したりするというよりも、有名・無名問わず毎日厨房に立ち、
お客さんを喜ばせるために日々血のにじむ努力をされています。
そういうお店は、本当にシェフのお料理、お人柄に惚れ込み、その「食時」を楽しみにくるお客でいつも賑わいます。
各人にとって本当にお気に入りの店というのは、メディアやサイト、他人の評価ではなく、自分の足で食べ歩いて見つけるべきだと考えます。

私の外食日記は、あくまで私個人の、偏った嗜好性によるものです。美の基準しかり、味には人それぞれ違う価値観・好みがあります。
時には辛辣なことも言いますが、それはその店を引きづり下ろすためではなく、グルメ大国・日本の更なる発展のために、「言うべきは言う」というスタンスです。
媒体で大きく取り上げられているから(ゴマすり上手のシェフ)とか、
有名店修業経験者(メイン担当ならともかく、皿洗いかもしれないのに!)だからというだけで、
「いい店」とか「新進気鋭」ともてはやされる、昨今の勘違いグルメブームには違和感を抱いています。

あくまで可及的にではあるものの、記事に責任を持たせるため、自分の嗜好性とは切り離したレビューを心がけています。(便宜上どうしても個人的感想を述べる際は、その旨記載します)

たとえ多少の嗜好性の違いはあっても、その根本にあるポリシーや「食」の仕事の捉え方、抜かりのない丁寧で実直な、毎日が真剣勝負の仕事をする料理人の店なら私は通います。
つまり、「嗜好性の相違=もう来ない」という短絡的な図式は、私の頭の中では成り立ちません。

また、サービスの単純ミスにもかなり寛容だと自負しています。
メニューの聞き間違い、料理が出るのが遅い、パンが温かくない、給仕がワインをこぼし服が汚れた、店の内装が冴えない、箱が小さい、トイレ共用、くらいでは私はキレません。肝要なのは、ミスの後の対応。誠意があるか。また同じを繰り返さない店側のその後の対策。

客に対するゴマカシ、言い逃れ、嘘・偽りのある店は論外。わずかにでもうぬぼれ、独り善がり、押し付け、思い上がり、手抜き、ヤッツケ仕事の見える店なら(メディア大好き「巨匠」ならぬ厨房不在の「虚匠」スターシェフに多い)、もう二度と私は行きたいと思いません。

普段のウチごはんのモットー:
Recettes inventives au cotidien !
(シンプルな日常の中にもセンスの光るレシピ)

ちなみに昔大好きだった絵本は、「ぐりとぐら」。
忘れもしないフレーズ、「ぐりとぐら。この世でいちばん好きなのは、おりょうりすること、たべること。ぐりぐら、ぐりぐら」。
拾った巨大卵を手押し車で運んで大きな月のようなパンケーキを焼き、みんなで分けあう・・・幼稚園の頃の私にとっては一大浪漫でしたね。
 
宣伝目的のコメント、お断りします。
悪意のコメント、削除します。相手するのも面倒なので。

また当ブログ内の記事、写真その他一切の無断転用・流用・悪用・乱用厳禁。
Tous droits réservés!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。